ニュース

カウボーイズRBエリオットの出場停止処分が再び施行可能に

2017年10月13日(金) 10:33

ダラス・カウボーイズのエゼキエル・エリオット【AP Photo/Ross D. Franklin】

最新の判決により、ダラス・カウボーイズのランニングバック(RB)エゼキエル・エリオットに対する6試合の出場停止処分が再び施行可能となった。

今月初めにリーグと選手会からの主張を聴聞する公聴会を開いた米国連邦第5巡回区控訴裁判所が地区連邦地方裁判所による差し止め命令を棄却した。これによってエリオットに対する処分の適応が可能となっている。

6試合の出場停止処分が確定して即日適用となった場合、エリオットが復帰できるのは11月23日(木)にチームがロサンゼルス・チャージャーズ戦を終えた翌24日からとなる。

しかしながら、テュレーン・スポーツ法政策のディレクターを務めるゲイブ・フェルドマンによると、選手会はエリオットのプレーを継続させるためにニューヨーク南地区の地方裁判所へと再び一時的差し止め命令や仮差し止めを求める申請を行うことが予想されている。

また、エリオットと選手会にはその他の法的手段もある。フェルドマンによると、彼らは第5巡回区控訴裁判所の全裁判官による審理やテキサス州の地方裁判所で再申請することも可能だとのこと。仮にそうなった場合、エリオットの処分は再び保留となる。とりわけ、カウボーイズがバイウイークを迎えていることもあり、今回の判決によってエリオットに関する問題が解決されたとは言えないだろう。

今シーズン、これまでのエリオットは105キャリー、393ランヤード、2タッチダウンを記録している。

【S】