コラム

著者別
月別

コラム

身体に細心のケアを施すブレイディとハリソン
肉体的負荷が大きいNFLにあって、40歳に届こうという年齢まで現役を続けられるような選手はやはり通常より厳しいケアをする必要があるようだ。今回は2人の選手の生活を見てみたい。 まず、そのストイッ... 続きを読む
2017年08月13日(日) 11:52

コラム

ジョン・アーシェルの引退にみる脳障害への不安
レイブンズがキャンプインして間もない7月27日、センター(C)の新先発有力候補だったジョン・アーシェルが何の前触れもなく引退を宣言した。まだ26歳でNFL4年目のシーズンを迎えようとしていたところだ。... 続きを読む
2017年08月12日(土) 11:10

コラム

スティーラーズRBリビオン・ベルのホールドアウトは新時代の予兆か
スティーラーズのランニングバック(RB)リビオン・ベルのホールドアウトが続いている。今季フリーエージェント(FA)となったベルは春にチームからフランチャイズ指名を受けた。この瞬間にベルはスティーラーズ... 続きを読む
2017年08月06日(日) 09:36

コラム

パッカーズの会計報告書から見えるもの
2016年にNFLが所属する32チームに支払った分配金の総額が史上最高の78億ドルに達したことが分かった。これは現地7月12日にパッカーズが公開した昨年度の年次会計報告書から計算されたもの。 パ... 続きを読む
2017年07月30日(日) 12:19

コラム

ブレイクスルーは本物か? QBプレスコットとカーが挑む“2年目”のジンクス
“ワンイヤーワンダー(one-year wonder)”という言葉がある。わずか1年活躍しただけで消えてしまう選手のことだ。一発屋と言ってもいい。短期間の活躍は“まぐれ”と片付けられ、期待を一身に背負... 続きを読む
2017年07月29日(土) 08:15

コラム

開幕ロースター入りを目指す日本人RB - 伊藤玄太(ハワイ大学)
【文 松元竜太郎】 <前編:アロハスタジアムに旋風を - 伊藤玄太(ハワイ大学)> 2013年10月、伊藤玄太は渡米した。 「アメリカでフットボールがしてみたい」 伊藤の中でわ... 続きを読む
2017年07月24日(月) 05:14

コラム

アロハスタジアムに旋風を - 伊藤玄太(ハワイ大学)
【文 松元竜太郎】 東急東横線・武蔵小杉駅から15分。法政大学へ向かう足取りは軽かった。鮮やかなブルーの人工芝グラウンドを訪れた目的は、5年ぶりに取材する本場米国のカレッジフットボール選手に会う... 続きを読む
2017年07月24日(月) 05:12

コラム

契約交渉破談、レッドスキンズとカズンズの間に横たわる溝
レッドスキンズがクオーターバック(QB)カーク・カズンズとの長期契約交渉を断念した。フランチャイズ指名をしていたカズンズとの長期契約交渉の期限はアメリカ東部時間7月17日(月)午後4時。この時間までに... 続きを読む
2017年07月23日(日) 06:44

コラム

NFLプレーヤー兼クリエーターの顔を持つマーテラス・ベネット
グリーンベイ・パッカーズのタイトエンド(TE)マーテラス・ベネットがフィールド外の活動で注目を集めている。クリエーターと起業家としての姿だ。 今年、NFLで10年目を迎えるベテランのベネットはカ... 続きを読む
2017年07月16日(日) 11:39

コラム

謹慎処分から5年、グレッグ・ウィリアムズの新たな挑戦
間もなくNFLはキャンプインを迎え、2017年シーズンへの準備が本格化する。ただひとつのチームだけが手にすることのできるスーパーボウル優勝を目指し、キャンプに熱い思いをかけるのは選手だけでなく、コーチ... 続きを読む
2017年07月15日(土) 10:01

もっと読む