ピッツバーグ・スティーラーズ

攻撃守備
Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G
14.5284.5228.056.530.5445.0320.0125.0

動画

【2019年第2週】ホームにシーホークスを迎えて初勝利を目指したスティーラーズ
【2019年第1週】ニューイングランドで今季初戦に挑んだペイトリオッツとスティーラーズ
【2019年プレシーズン第4週】スティーラーズ対パンサーズ

チームデータ

フランチャイズ創立 1933年7月8日
NFL加盟 1933年
通算成績 628勝558敗22分 勝率.529(1933年-2018年)
スーパーボウル出場 8回/
第9回(1974年)、第10回(1975年)、第13回(1978年)、第14回(1979年)、第30回(1995年)、第40回(2005年)、第43回(2008年)、第45回(2010年)
スーパーボウル優勝 6回/
第9回(1974年)、第10回(1975年)、第13回(1978年)、第14回(1979年)、第40回(2005年)、第43回(2008年)
NFLチャンピオン 0回
オーナー アーサー・J・ルーニー2世
GM ケビン・コルバート
ヘッドコーチ マイク・トムリン
チームカラー ブラック、ゴールド
スタジアム ハインツ・フィールド (ペンシルベニア州ピッツバーグ)
2001年建造/68,400人収容
チーム名の由来 スティーラーズの歴史はアート・ルーニーが1933年に2,500ドルを支払ってピッツバーグのフランチャイズ権を取得し、チームを設立したことに始まる。設立当初のチーム名は同じピッツバーグを本拠とするMLB(米大リーグ)チームから拝借したパイレーツだった。その後、1940年初めに新たなチーム名が公募形式で募集され、選考の結果、製鉄工を意味するスティーラーズが選ばれることとなった。これは当時、ピッツバーグが全米有数の鉄鋼都市だったことが背景にある。

その後、第二次大戦の影響で選手の確保が困難となり1943年にはスティーグルスと呼ばれるイーグルスとの合併、1944年にもカードピッツと呼ばれるシカゴ・カーディナルスとの合併も経験したが、その後はスティーラーズとして存続している。

チーム研究所シーズン1:ピッツバーグ・スティーラーズ
チーム研究所シーズン2:ハインツ・フィールド

過去5シーズンの成績

2018年 9勝6敗(AFC北地区2位)
2017年 13勝3敗(AFC北地区1位)
2016年 11勝5敗(AFC北地区1位)
2015年 10勝6敗(AFC北地区2位)
2014年 11勝5敗(AFC北地区1位)

歴史

鉄鋼都市時代に産声を上げたピッツバーグの古豪

スティーラーズの歴史はアート・ルーニーが1933年に2,500ドルを支払ってピッツバーグのフランチャイズ権を取得し、チームを設立したことに始まる。設立当初のチーム名は同じピッツバーグを本拠とするMLB(米大リーグ)チームから拝借したパイレーツだった。チームカラーは設立時からゴールドとブラック。これはピッツバーグ市の市旗のデザインから発想を得たものである。

その後、1940年初めに新たなチーム名が公募形式で募集され、選考の結果、製鉄工を意味するスティーラーズが選ばれることとなった。これは当時、ピッツバーグが全米有数の鉄鋼都市だったことが背景にある。

ただ、チームはこの年のシーズンまでで24勝62敗5分と低迷を続けており、負債は10万ドル(現在の174万ドル相当)に達していた。それを解消しようとしたルーニーは同年12月、16万ドル(現在の279万ドル相当)でいったんアレクシス・トンプソンにチームを売却する。それでもスティーラーズの継続所有を望むルーニーは直後に友人でイーグルスのオーナー、バート・ベルからイーグルスの株の半分を購入。その上でベルとルーニーはトンプソンにスティーラーズとイーグルスのフランチャイズ権交換を提案したのだ。トンプソンがこれを受け入れたため、チーム名をオリジナルの都市に残したまま、大部分の選手を含むそれぞれのチーム組織が相手都市に移動した。このチームの交換という奇策によってルーニーはピッツバーグでスティーラーズを所有し続けることに成功したのである。

その後、第二次大戦の影響で選手の確保が困難となり1943年にはスティーグルスと呼ばれるイーグルスとの合併、1944年にもカードピッツと呼ばれるシカゴ・カーディナルスとの合併も経験したが、その後はスティーラーズとして存続している。

チームのロゴは設立当初の市旗に描かれたマークを利用したものに始まり、スティーラーズに改名後は鉄鋼産業や製鉄工を描いたものなどが使用された。スティールマークと呼ばれる現在のロゴは、1962年にピッツバーグを拠点とする製鉄会社『USスチール』のマークをヘルメットに使用したことに端を発する。同社のロゴは現在アメリカ鉄鋼研究所が所有権を持つが、描かれている文字は“Steel”だ。対してスティーラーズのロゴは1963年から“Steelers”とされた。スティーラーズのヘルメットはNFLで唯一右側だけにロゴが描かれている。これは当初テストとして施されたものが、好評だったためそのまま維持された格好だ。

初代オーナーのアートは1988年に87歳で死去。これを受けて息子のダンが2代目オーナーに就任した。2008年には所有権はルーニー一族に移され、2003年以降はチームの社長をダンの息子アート・ルーニー2世が務めている。2代目のダンはチームのヘッドコーチやジェネラルマネジャーを募集する際に、最低1名はマイノリティグループ(黒人若しくは少数派民族等)の候補者を面接することを義務付けた“ルーニールール”を設けたことで知られる。2009年から2012年には駐アイルランド大使も務めたダン・ルーニーは2017年4月13日に逝去した。