ニューイングランド・ペイトリオッツ

攻撃守備
Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G
19.0300.0202.397.725.7406.3263.0143.3

動画

【2018年第3週】白星街道復帰を目指すペイトリオッツに今年初勝利を狙うライオンズが挑む
【2018年第2週】昨季AFCチャンピオンシップの再戦! ジャガーズはペイトリオッツに雪辱なるか
【2018年第1週】テキサンズがペイトリオッツのホームに乗り込んだシーズン初戦

チームデータ

フランチャイズ創立 1960年
NFL加盟 1960年
レギュラーシーズン通算成績 489勝386敗9分 勝率.553(1960年-2017年)
スーパーボウル出場 8回
第20回(1985年)、第31回(1996年)、第36回(2001年)、第38回(2003年)、第39回(2004年)、第42回(2007年)、第46回(2011年)、第49回(2014年)
スーパーボウル優勝 4回
第35回(2001年)、第38回(2003年)、第39回(2004年)、第49回(2014年)、第51回(2016年)
NFLチャンピオン 0回
オーナー ロバート・K・クラフト
ヘッドコーチ ビル・ベリチック
チームカラー ブルー、レッド、シルバー、ホワイト
スタジアム ジレット・スタジアム(マサチューセッツ州フォックスボロ)
65,878人収容
チーム名の由来 チーム名は公募の形がとられ、数千の応募があったという。その中から74人のファンが投票した“ボストン・ペイトリオッツ”が選ばれた。ペイトリオッツ=愛国者たち、との名はボストンがアメリカ独立戦争の主な戦場の一つであり、独立戦争を戦ったことに対して高い地元意識があることに由来する。

チーム名が決定すると地元紙ボストン・グローブの画家が初代チームロゴ“パット・パトリオット”を作った。パット・パトリオットは三角帽を被り、大陸軍の軍装を着たキャラクターで、長くヘルメットのデカルにも使用された。チームロゴが変更された現在もパットのマスコットは活動を続けている

チーム研究所シーズン1:ニューイングランド・ペイトリオッツ
チーム研究所シーズン2:ジレット・スタジアム

過去5シーズンの成績

2017年 13勝3敗(AFC東地区1位)
2016年 14勝2敗(AFC東地区1位)
2015年 12勝4敗(AFC東地区1位)
2014年 12勝4敗(AFC東地区1位)
2013年 12勝4敗(AFC東地区1位)

歴史

初代チームロゴは現役マスコット“パット・パトリオット”

ペイトリオッツの歴史は1959年11月16日にAFL8番目にして最後となるフランチャイズ権を、ウィリアム・H・サリバンなど地元の実業家グループがマサチューセッツ州ボストンに獲得したことに始まる。

1971年、ペイトリオッツはボストンとロードアイランド州プロビデンスの中間、両都市の郊外に位置するフォックスボロに本拠地を移した。これを契機にフランチャイズをマサチューセッツ州やロードアイランド州、コネチカット州などアメリカ北東部の6州が属する地方名、ニューイングランドに改め、現在に至っている。