ニューイングランド・ペイトリオッツ

攻撃守備
Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G
27.6386.2269.2117.015.6326.4237.988.6

動画

【第51回スーパーボウル】ガガ様超え!? オードリーの美声が世界に轟く!?
【第51回スーパーボウル】ペイトリオッツ対ファルコンズ
【第51回スーパーボウル】ペイトリオッツのテッド・カラスを直撃!

チームデータ

フランチャイズ創立 1960年
NFL加盟 1960年
通算成績 458勝394敗9分 勝率.537(1960~2014年)
スーパーボウル出場 8回/ 第20回(1985年)、第31回(1996年)、第36回(2001年)、第38回(2003年)、第39回(2004年)、第42回(2007年)、第46回(2011年)、第49回(2014年)
スーパーボウル優勝 4回/ 第35回(2001年)、第38回(2003年)、第39回(2004年)、第49回(2014年)
NFLチャンピオン 0回
オーナー ロバート・K・クラフト
GM ビル・ベリチック
ヘッドコーチ ビル・ベリチック
チームカラー ブルー、レッド、シルバー、ホワイト
スタジアム ジレット・スタジアム(マサチューセッツ州フォックスボロ)
2002年建造 天然芝 / 68,756人収容
チーム名の由来 ニューイングランドは北東部諸州の総称で、独立戦争の舞台となったことに由来して、チーム名は「ペイトリオッツ」(愛国者)となった。チームカラーも星条旗と同じ赤、青、白をベースにする。

過去5シーズンの成績

2014年 12勝4敗(AFC東地区1位)
2013年 12勝4敗(AFC東地区1位)
2012年 12勝4敗(AFC東地区1位)
2011年 13勝3敗(AFC東地区1位)
2010年 14勝2敗(AFC東地区1位)

歴史

アメリカ独立の地にそびえる21世紀のエリートチーム

1960年にAFLのチームとしてボストンに誕生した。創設当初は、ボストン・ペイトリオッツとして活動していたが、1971年に新スタジアムが完成したのを機に、チーム名を米国北東部6州の総称である現在のニューイングランド・ペイトリオッツに改めた。 長らく低迷に苦しんだが、ペイトリオッツは1985シーズンに初めてスーパーボウルに進出。さらに、名将ビル・パーセルズの指揮の下、豪腕QBド リュー・ブレッドソーのパス攻撃を武器として1996シーズンにもスーパーボウル出場を果たした。しかし、2000シーズン、知将ビル・ベリチックをヘッ ドコーチに迎えると、ペイトリオッツにスーパーボウル初制覇、そして黄金時代がやってくる。守備を専門とするベリチックの徹底した戦術と、彗星のごとく登 場したQBトム・ブレイディの活躍により、ペイトリオッツは2001、2003、2004シーズンと、4年で3度のリーグ制覇を達成。FA、サラリー キャップ全盛の時代での快挙は、NFL全体に衝撃を与えた。 ペイトリオッツは、マサチューセッツ州ボストン近郊の都市、フォックスボロに本拠地を置く。アメリカ独立への出発点となったニューイングランは、まさにア メリカ人の心の故郷といえる。ハーバード大学を中心に、学生の街としても知られるボストンは、日本人からの留学生や観光客も多く馴染み深い。本拠地ジレッ ト・スタジアムは、2002年に建設された。