ワシントン・レッドスキンズ

攻撃守備
Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G Pts/GYds/GPassYds/GRushYds/G
19.6337.4216.2121.219.4361.0270.190.9

動画

【2018年第11週】AFC南地区首位のテキサンズとNFC東地区首位のレッドスキンズが激突
【2018年第10週】バッカニアーズが本拠地でレッドスキンズと対戦
【2018年第9週】NFC東地区首位レッドスキンズがホームでファルコンズと対戦

チームデータ

フランチャイズ創立 1932年7月9日
NFL加盟 1932年
レギュラーシーズン通算成績 616勝600敗28分 勝率.506(1933年-2017年)
スーパーボウル出場 5回
第7回(1972年)、第17回(1982年)、第18回(1983年)、第22回(1987年)、第26回(1991年)
スーパーボウル優勝 3回
第17回(1982年)、第22回(1987年)、第26回(1991年)
NFLチャンピオン 2回
1937年、1942年
オーナー ダニエル・スナイダー
ヘッドコーチ ジェイ・グルーデン
チームカラー バーガンディー、ゴールド
スタジアム フェデックス・フィールド (メリーランド州ランドオーバー)
82,000人収容
チーム名の由来 現在のレッドスキンズは1932年にジョージ・P・マーシャルら4人のグループによって、ボストンをフランチャイズに設立された。当時のチーム名はブレーブス。これは現在アトランタを本拠にする米大リーグ(MLB)ブレーブスが使用していたブレーブス・フィールドを間借りしていたためである。

チームは後にイーグルスの共同創設者となるラド・レイがコーチに就任して1シーズンを戦った。しかし、この最初のシーズンで4万6,000ドルの損失が出たこともあってマーシャル以外の投資家はチームから去り、マーシャルが単独オーナーとなった。さらに本拠地をMLBレッドソックスが使用するフェンウェイ・パークに移している。

この移転に合わせ、チーム名もブレーブスからレッドスキンズに変更された。もともとのブレーブスがアメリカ先住民に由来するものであったため、やはりアメリカ先住民を意味するレッドスキンがチーム名に選ばれた。インディアンズにならなかったのはすでに野球でこのチーム名を使用しているチームが存在していたためと言われている。

レッドスキンズがNFLチャンピオンシップ・ゲームに進出した1936年、チームが好調の波に乗る一方で、地元の人気は低く観客動員が低迷しており、NFLチャンピオンシップ・ゲームはレッドスキンズに地元開催権があったにもかかわらず、ニューヨークで開催されたほどであった。この不人気を受けて、マーシャルは翌1937年に出身地であるワシントンへの移転を決断。こうしてワシントン・レッドスキンズが誕生することとなった。

チーム研究所シーズン1:ワシントン・レッドスキンズ
チーム研究所シーズン2:フェデックス・フィールド

過去5シーズンの成績

2017年 7勝9敗(NFC東地区3位)
2016年 7勝7敗1分(NFC東地区3位)
2015年 9勝7敗(NFC東地区1位)
2014年 4勝12敗(NFC東地区4位)
2013年 3勝13敗(NFC東地区4位)

歴史

ボストンで産声も地元人気薄によりワシントンへお引っ越し

1969年にマーシャルが死去した後、起業家で米プロバスケットボール(NBA)ロサンゼルス・レイカーズのオーナーだったジャック・ケント・クックが1974年にマイノリティオーナーから2代目筆頭オーナーとなった。クックが1981年にジョー・ギブスをヘッドコーチに招くと、ギブスの下、レッドスキンズはスーパーボウルを3回制覇している。さらに1997年には当時NFL最大規模の8万人が収容可能な自らの名を冠した新本拠地ジャック・ケント・クック・スタジアムを建設した。

ただ、クックはそのスタジアムのオープンを待たずして同年4月に亡くなっている。

1999年にクックの遺族からチームとスタジアムを購入したのが、現オーナーのダニエル・スナイダーが率いるグループだった。買収額は8億ドルで、スポーツチームの買収額としては当時史上最高額である。