ニュース

QBマカウンが1年契約でジェッツとサイン

2017年03月21日(火) 13:42

クリーブランド・ブラウンズでプレーするジョシュ・マカウン【AP Photo/Ron Schwane】

クオーターバック(QB)ジョシュ・マカウンが新たなプレー場所を見つけた。

マカウンの代理人であるマイク・マッカートニーは現地20日(月)、マカウンが1年契約でジェッツとサインしたと明かした。チームは後にこれを認めている。

『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートはマカウンが完全保証付き600万ドル(約6億7,600万円)の1年契約を結んだと発表。ベテランのマカウンが先発QBとなる可能性は十分にあるといい、試合出場や成績によって最高1,300万ドル(約14億6,500万円)のインセンティブが支払われるとラポポートは伝えている。

3年目のブライス・ペティや実力が謎めいたクリスチャン・ハッケンバーグを含め、37歳のマカウンはQBのレベルが高いとは言えないチームをけん引することになる。

ジェッツは2017年に狙いを絞っていない。全ての面で再建が必要とされるこのチームは、すでにQBが豊富な2018年ドラフトに目を向けている。

ジェッツがここ3年間で2勝20敗という不甲斐ない成績を収めている間、マカウンは2013年にシカゴ・ベアーズでジェイ・カトラーのバックアップとして活躍した後もチームを転々とした。その強肩と身体能力の高さ、そして最高のチームメイトを武器に名を馳せたマカウンだが、ここ3年間はクリーブランド・ブラウンズ、タンパベイ・バッカニアーズで不遇なシーズンを送っている。

経験値の高いQBマカウンを先発として起用し、次のオフシーズンで新人QBを獲得する前までの間、ジェッツはペティとしばらく日の目を見ていないハッケンバーグのいずれを長期的に見ていくのか容易に決めることができる。