ニュース

ベテランRBジョンソンが10年のキャリアに幕

2018年11月06日(火) 12:58

アリゾナ・カーディナルスのクリス・ジョンソン【AP Photo/Ross D. Franklin】

現地5日(月)、NFLのランニングバック(RB)クリス・ジョンソンが10年のキャリアに幕を下ろす決断を下した。

ジョンソンはマーケティングエージェンシー『EAGSportsManagement(EAGスポーツマネジメント)』の『Twitter(ツイッター)』アカウントを通じて家族や友人、チームメイトやファンに対して長年のサポートに対する感謝をこのように述べている。

「この場を借りて、10年もの長い間、継続してサポートしてくれた家族や友人、チームメイトやファンの皆さんに対して感謝の言葉を述べたいと思う。NFLで過ごした時間がたくさんの機会や思い出をもたらしてくれた。ごく真剣に考えた結果、この人生の章は一度おしまいにするという決断に至り、これからは自分に与えられたその他の可能性を楽しみたいと思っている。テネシー・タイタンズとニューヨーク・ジェッツ、また、アリゾナ・カーディナルスの組織には大好きなフットボールをプレーするチャンスを与えてもらったこと、そして、すばらしいコミュニティの一員になる機会を与えてもらい、心から感謝している。NFLの選手になれたことを誇りに思うし、10年間もここでプレーできたことを神に感謝している」

ジョンソンは最後の3シーズンをアリゾナ・カーディナルス(2015年から2017年)で過ごしたものの、カーディナルスでプレーする頃にはすでに全盛期は過ぎ去っていた。

2014年シーズンはニューヨーク・ジェッツで過ごしていたが、ジョンソンのピークはテネシー・タイタンズで過ごした2008年から2013年シーズンにかけてだろう。この時期にリーグ屈指の爆発的なデュアルスレットとして活躍したジョンソンは6年連続1,000ヤード超えを達成し、2009年には2,006ランヤード、タッチダウン58回(ランは50回)を記録するなど、圧倒的な実力を示していた。

2008年ドラフトの1巡目で指名を受けたジョンソンはタイタンズ時代にプロボウルに3度選出され、2009年にはオールプロのファーストチームにも選出されている。ジョンソンが積み上げたキャリア通算9,651ランヤードは歴代35位に入る記録だ。

【S】