ニュース

DBチャンがペイトリオッツと1年の契約延長

2019年04月15日(月) 11:29

ニューイングランド・ペイトリオッツのパトリック・チャン【AP Photo/Jeff Roberson】

2014年にニューイングランド・ペイトリオッツに復帰して以降、ディフェンシブバック(DB)のパトリック・チャンがフリーエージェント(FA)になったことはなかった。今後もしばらくの間はチャンがまたどこか違うチームへと向かうことはなさそうだ。

『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートが現地の情報筋の話を元に伝えたところによると、チャンとペイトリオッツが2021年シーズン終了までの1年の契約延長をまとめたようだ。ラポポートはまた、ベースサラリーが240万ドル(約2億7,000万円)で、ボーナスを含めると最大300万ドル(約3億4,000万円)を受け取ることになっていたチャンが、現地13日(土)に行われた契約延長によって600万ドル(約6億7,000万円)を手に入れる模様だと報じている。オレゴン大学を卒業した10年前にペイトリオッツから指名を受けたDBにとっては、チームとの4度目の契約延長となる。

この動向を最初に伝えたのは『ESPN』だった。

スーパーボウル制覇を3度経験したチャンはペイトリオッツディフェンス陣の中心的選手としてSデビン・マコーティーと共にその実力を証明してきた。チャンは2018年に初めてチームキャプテンに就任し、ロサンゼルス・ラムズを倒したスーパーボウル中に腕を骨折する前までは堅調なシーズンを過ごしていた。先シーズン、1試合だけを欠場したチャンはほぼキャリア平均と同程度のタックル84回を記録していた。

31歳のDBは2013年をフィラデルフィア・イーグルスで過ごした以外はフルタイムの先発としてニューイングランドで過ごしていた。腕を骨折していたチャンだが、トレーニングキャンプ前までには復帰する予定となっている。今回の動きによってチャンは自分がチームの長期的プランの構想内にいることが分かり安心しているだろう。

【S】