ルール解説:ポジション

 フットボールは11人対11人で行われる。各チームには3つの違ったユニットが存在する。まずはオフェンス。ボールを前に進めて得点を目指すオフェンスは、チームが攻撃権を得た場合に登場する。2つ目は、オフェンスをエンドゾーンから遠ざけようとするディフェンス。そして、ボールを蹴る状況(パント、フィールド・ゴール、キックオフ)に登場するユニット、スペシャル・チームである。

オフェンス

■はじめに

 オフェンスとはボールを持って攻撃しているチーム。相手のエンドゾーンまでボールを進め得点することを目指す。

クォーターバック(QB):

 オフェンスの司令塔。パスを投げたり、ボールをRB(ランニングバック)に渡したりそして時には自分でボールを持って走ったり、オフェンスはまさにQB中心に展開していく。肩の強さとパスの正確なコントロールに加え、強力なリーダーシップとディフェンスを的確に読む頭脳、さらには一瞬の判断力など様々な能力を要求されるアメフトの花形ポジション。

ランニングバック(RB):

 地上戦の主役。時には勇敢に相手ディフェンスに突進し、時には華麗なステップで相手ディフェンスを翻弄しながらボールを少しでも前進させる。爆発的なスピードのみならず、激しいタックルにも負けないタフさ、さらには味方の切り拓く走路を見いだす能力も必要とされる。プレイによってはレシーバーとしてパスキャッチもこなす、無敵のアスリート。

ワイドレシーバー(WR):

 空中戦の主役。パスプレイでQB(クォーターバック)のターゲットとしてオフェンスの両翼をなす。相手ディフェンスのマークを振り切るスピードはもちろん、空中戦を制するジャンプ力と確実なキャッチ力、さらには正確にパスルートを走る能力も必要とされる。WRが相手ディフェンスを振り切り、ロングパスレシーブを決めるシーンはまさに鳥肌もの。風を切ってフィールドを疾走するチーム一のスピードスター。

タイトエンド(TE):

 1人2役の頼れるジョーカー。時にQB(クォーターバック)やRB(ランニングバック)をサポートするOL(オフェンスライン)の一翼を担い、時にレシーバーとして華麗にパスキャッチを決める。巨大DL(ディフェンスライン)に対抗する頑強な体とパスレシーブのため相手ディフェンスを振り切るスピードを持つオフェンス最強のオールラウンダー。

オフェンスライン(OL):

 オフェンスの要。センター(C)1人、ガード(G)2人、タックル(T)2人からなる5人のユニット。自らの体を犠牲にしてディフェンスをブロックする。ランプレイではRB(ランニングバック)の走路を切り拓き、パスプレイではパスを投げるQB(クォーターバック)を守る。ボールを持つことができないポジションのため、TD(タッチダウン:6点)のような華やかなプレイとは無縁だが、彼ら5人のコンビネーション、献身的なプレイなくしてオフェンスが前に進むことはない。まさに心優しい縁の下の力持ちたち。

C-Cは文字通りオフェンス・ラインの真中に位置します。Cがオフェンスの中で1番初めにボールに触り、フィールド上に置いてあるボールをQBの指示と共にスナップ(股の下からQBにボールを手渡すか、投げること)をすることで、1つのプレイは開始される。

G-Cの両側に位置する。

T-両Gの隣に位置する。

>