ルール解説:ポジション

 フットボールは11人対11人で行われる。各チームには3つの違ったユニットが存在する。まずはオフェンス。ボールを前に進めて得点を目指すオフェンスは、チームが攻撃権を得た場合に登場する。2つ目は、オフェンスをエンドゾーンから遠ざけようとするディフェンス。そして、ボールを蹴る状況(パント、フィールド・ゴール、キックオフ)に登場するユニット、スペシャル・チームである。

ディフェンス

■はじめに

 ディフェンスとはボールを持たない側のチームで、オフェンスが得点するのを止めようとする。また、ディフェンスはボールを持った選手のファンブル(ボールを落とすこと)を誘ったり、相手の投げたパスをインターセプト(横取り)することでボールを奪おうとする。

ディフェンスライン(DL):

 ディフェンスの切り込み隊長。ディフェンスの最前線で奮闘する通常4人からなるユニット。DE(ディフェンスエンド)2人が外側を、DT(ディフェンスタックル)2人が真中を固める。爆発的なスピードとパワーで、オフェンスのQB(クォーターバック)、RB(ランニングバック)という獲物に襲い掛かる。そんな野性的なプレイスタイルが信条のディフェンス最凶の4人衆

ラインバッカー(LB):

 ディフェンスの司令塔。ディフェンスの中央に位置し、縦横無尽にフィールドを駆け巡る通常3人からなるユニット。オフェンスのプレイを最後まで冷静に見極め、ディフェンス全体に指示を出す強力なリーダーシップを要求される。さらにパス、ランどちらのプレイでも瞬時に反応する俊敏さ、そして強烈なタックルで相手オフェンスを打ちのめす激しさを持ちあわせるディフェンス最強のタックルマシーン。

コーナーバック(CB):

 最速のディフェンダー。WR(ワイドレシーバー)をピタリとマークし、オフェンスのパスプレイを封じ込める2人のコンビ。CBのちょっとしたミスが相手のビッグプレイにつながるだけに、その責任は重大。その分、自らのインターセプトによって、ゲームの流れを大きく変えることもある。圧倒的なスピードと運動能力を武器とするディフェンス最高のアスリート
※ CB(コーナーバック)とS(セイフティ)を合わせた総称として、「DB(ディフェンスバック)」、または「セカンダリー」などと呼ぶこともある。

セイフティ(S):

 ディフェンス最後の砦。ディフェンスの最後尾に位置するSS(ストロング・セイフティ)とFS(フリー・セイフティ)の2人のコンビ。パス、ラン、どちらのプレイにも対応する能力が求められ、特にSSはFSよりやや前に位置して後方からフルスピードでランプレイを潰す。激しいプレイスタイルの中にもフィールド全体を見渡しながら状況を冷静に分析し、危険をいち早く察知する嗅覚が求められるディフェンスの守護神。

>