年間スケジュール

NFL season calender

IPD

スーパーボウル

Introduction

 スーパーボウルとは、NFLのチャンピオンチームを決める優勝決定戦で、9月-12月のレギュラーシーズン、1月のプレイオフに続き、例年、2月第1週の日曜日に開催されることになっています。

 スーパーボウルでは、AFC、NFC各カンファレンスのプレイオフを勝ち抜いたチームが1試合のみを戦い、そのシーズンのNFLチャンピオンを決します。開催地は出場チームとは関係なく、あらかじめ決められた場所となります。

 スーパーボウルは単なるスポーツイベントの枠を越え、アメリカ文化の主要な一部分として国民的に楽しまれています。アメリカの国民の祝日にこそ指定されていないものの、スーパーボウルまでの1週間は「スーパーボウル・ウィーク」と呼ばれ、出場チームの地元や開催地はもとより、アメリカ全土がスーパーボウル一色に染まります。ゲーム当日は『スーパーサンデー』と呼ばれ、TVでは朝からスーパーボウル関連の話題や試合の予想が放送され、多くの人々は自宅に友人や家族などを集めパーティーを開き、毎年1度のアメリカ最大のスポーツイベントを楽しみます。

 アメリカでのスーパーボウル人気は絶大で、TVの視聴率も軒並み40%を越え、視聴者数では約1億3千万人以上と、国民の2人に1人が生で観戦していることになります。アメリカでの歴代TV視聴率トップ15の半分以上の8つをスーパーボウルが占め、スポーツイベントに限った場合では上位10番組のうち、3位の1994年冬季オリンピックを除いては全てがスーパーボウルとなっています。さらに、アメリカTV番組の歴代視聴者数ランキングでは、実にトップ10全てをスーパーボウルが独占しています。

 スーパーボウルの始まりは、NFLに対抗して創立されたAFL(American Football League)とNFLの優勝チーム同士の対抗戦でした。1960年にシーズンをスタートさせたAFLは大方の予想を裏切り、着実に人気を勝ち取っていきます。それに伴い、NFLとの間で選手の争奪戦が激しくなり、両リーグは共存の道を探り始め合併することに合意するに至りました。そして、その移行期間である1967年1月15日に、後にスーパーボウルと呼ばれるようになる『AFL-NFLワールドチャンピオンシップゲーム』が両リーグの優勝チーム同士の間で行われました。『スーパーボウル』という名前は、第3回大会から正式に使われるようになりました。AFL創始者でもあり、現在もチーフスのオーナーであるラマー・ハントが、娘がスーパーボールで遊んでいるのを見てこの名をひらめいたのが名称の由来となりました。その後、両リーグの合併が終了し、現在のAFC対NFCの形になったのは、1971年の第5回大会に遡ります。

 スーパーボウルの魅力はフィールド上のゲームだけにとどまりません。スーパーボウルは、スポーツとエンターテイメントの究極のコラボレーションです。厳かに行われる国歌斉唱には、これまでのスーパーボウルでもビリー・ジョエル、バックストリート・ボーイズ、マライア・キャリーら超一流アーティストが出演しました。中でも、湾岸戦争中の開催となった第25回大会では、ホイットニー・ヒューストンの歌い上げた国歌がスタジアム全体を感動の渦に巻きこみ、大きな話題を呼びました。また、プレゲームショー、ハーフタイムショーにもマイケル・ジャクソン、ジェームス・ブラウン、エアロスミス、U2、ポール・マッカートニーといった超一流アーティストによるパフォーマンスがこれまでに行われました。

>