コラム

著者別
月別

コラム

コルツに暗雲、ウオームアップに登場も復帰のめどが立たないQBラック
昨季4年ぶりにプレーオフの舞台に復帰したコルツが大きな不安に包まれている。クオーターバック(QB)アンドリュー・ラックの左あしの故障が一向に回復の兆しを見せず、プレシーズの残りも欠場が濃厚となったから... 続きを読む
2019年08月19日(月) 06:11

コラム

離脱者続出で弱り目に祟り目のベンガルズオフェンス
16年に及んだマービン・ルイス前HC(ヘッドコーチ)時代に終わりを告げ、36歳のザック・テイラー新体制でチーム再建を目指すベンガルズが災難続きだ。オフェンスを中心に主要選手の離脱が相次ぎ、開幕までに万... 続きを読む
2019年08月12日(月) 05:30

コラム

復活か終えんか、正念場を迎えるバッカニアーズのウィンストン
いつの時代もNFLで最も重要なポジションはクオーターバック(QB)だと言われる。QBだけで勝てるリーグではないが、少なくとも有能なQBが存在しないチームが勝ち進むことは不可能だ。だからこそ、どのチーム... 続きを読む
2019年08月05日(月) 07:02

コラム

昨年の躍進に続くか、復活のベアーズ
昨季のベアーズは、マット・ナギー体制1年目にして12勝4敗の好成績を残して8年ぶりにプレーオフに進出した。残念ながらワイルドカードラウンドで前年度のスーパーボウルチャンピオンのイーグルスに敗退したが、... 続きを読む
2019年07月29日(月) 09:19

コラム

ポスト・グロンクは誰の手に? ペイトリオッツのTE事情
スーパーボウル王者のペイトリオッツにとってサマーキャンプの最重要課題は引退したロブ・グロンコウスキーに代わる先発タイトエンド(TE)を発掘することだ。NFLを代表するTEだったグロンコウスキーの穴を埋... 続きを読む
2019年07月22日(月) 07:15

コラム

未体験ゾーンへ、カーディナルスHCクリフ・キングスベリーの挑戦
昨シーズン、NFLワーストの成績(3勝13敗)に終わったカーディナルスが、わずか1年で解任されたスティーブ・ウィルキスに代えてテキサス工科大学の元ヘッドコーチ(HC)クリフ・キングスベリーを新たな指揮... 続きを読む
2019年07月15日(月) 05:19

コラム

コルツのOLを支える新鋭LGクエントン・ネルソンの存在感
昨年のコルツは4年ぶりにプレーオフ進出を果たし、ワイルドカードラウンドで地区優勝したテキサンズを破ってディビジョナルプレーオフに進出した。クオーターバック(QB)アンドリュー・ラックが肩の手術を受けた... 続きを読む
2019年07月08日(月) 06:27

コラム

スティーラーズの新生オフェンスはどこまで通用する?
NFL全チームのトレーニングキャンプの日程が発表になり、間もなく「仕上げの夏」が始まる。すでに各チームはOTA(チーム全体練習)やミニキャンプを経ており、2019年シーズンに向けてのチーム作りは少しず... 続きを読む
2019年06月30日(日) 10:45

コラム

ジョシュ・マッコウンこそ理想のバックアップQB
16年間にわたりNFLで現役生活を続け、10ものチームを渡り歩いたクオーターバック(QB)ジョシュ・マッコウンが引退を発表した。7月4日(木)に40歳の誕生日を迎えるマッコウンは今後、高校生Q... 続きを読む
2019年06月24日(月) 10:59

コラム

プレシーズンゲームの減数に言及したグッデルの狙い
NFLコミッショナーのロジャー・グッデルがプレシーズンゲームを現行の4試合から減らす案に言及したことが波紋を呼んでいる。 6月初旬に、元ビルズのクオーターバック(QB)ジム・ケリーの主催するチャ... 続きを読む
2019年06月16日(日) 11:07

もっと読む

いけざわ・ひろし

生沢 浩
1965年 北海道生まれ
ジャパンタイムズ運動部部長。上智大学でフットボールのプレイ経験がある。『アメリカンフットボールマガジン』、『タッチダウンPro』などに寄稿。NHK衛星放送および日本テレビ系CSチャンネルG+のNFL解説者。著書に『よくわかるアメリカンフットボール』(実業之日本社刊)、訳書に『NFLに学べ フットボール強化書』(ベースボールマガジン社刊)がある。日本人初のPro Football Writers Association of America会員。