コラム

著者別
月別

コラム

今ドラフト最高のエッジラッシャーと評されるニック・ボサとは
今年のドラフトではパスラッシュの名手、すなわちエッジラッシャーに人材が多く、5名ないし6名の選手が1巡指名を受けるのではないかと予想される。なかでも最も評価が高く、全体1位指名もあり得るとされるのがオ... 続きを読む
2019年04月22日(月) 05:42

コラム

注目のQBカイラー・マレーを射止めるのは?
今年のドラフトほどモック(予想)にばらつきがあるのも珍しい。その原因はクオーターバック(QB)カイラー・マレー(オクラホマ大学)にある。 複数のモックドラフトを見ると今年の1巡予想ではエッジラッ... 続きを読む
2019年04月15日(月) 08:04

コラム

AAFはどこで道を誤ったのか
スーパーボウル開催から1週間後に誕生した新リーグ、アライアンス・オブ・アメリカンフットボール(AAF)が突如のリーグ活動停止を発表した。リーグオーナーのトム・ダンドン氏の独断によるものとみられている。... 続きを読む
2019年04月08日(月) 09:24

コラム

ディフェンススキームを変えさせたTEグロンコウスキー
トム・ブレイディと並ぶペイトリオッツオフェンスの顔であるタイトエンド(TE)ロブ・グロンコウスキーが自身のインスタグラムでNFLからの引退を発表した。具体的な理由は明らかにしていないが、首や膝に長期間... 続きを読む
2019年04月01日(月) 06:10

コラム

相次ぐ人気選手の退団、新体制の進むパッカーズ
フリーエージェント(FA)とドラフトが解禁となったオフシーズンで目立った動きがほとんどないパッカーズで、ファンから多くの支持を得た2人の選手が相次いでチームを去った。ワイドレシーバー(WR)ランドール... 続きを読む
2019年03月23日(土) 19:51

コラム

早くもオフの勝ち組か? 積極的補強のブラウンズ
新リーグイヤー幕開けの最大のニュースはジャイアンツのワイドレシーバー(WR)オデル・ベッカムのブラウンズへのトレードだろう。交換条件は今年のドラフトの1巡(全体17位)、3巡(同95位)指名権に加え、... 続きを読む
2019年03月17日(日) 09:17

コラム

FA市場解禁間近、人材豊富なポジションは?
2018年いっぱいで契約が満期を迎えてフリーエージェント(FA)となる選手への独占交渉権獲得を意味する“フランチャイズ指名”の期限が過ぎ、いよいよFA市場が解禁となる。 デマーカス・ローレンス(... 続きを読む
2019年03月11日(月) 03:20

コラム

いよいよ移籍へ、注目されるQBニック・フォールズの去就
イーグルスのバックアップクオーターバック(QB)ニック・フォールズの退団と移籍がほぼ確実となった。イーグルスは慰留を試み、2019年シーズンの契約に対してオプションの権利を行使したが、フォールズがこれ... 続きを読む
2019年02月24日(日) 05:35

コラム

退団決意のアントニオ・ブラウンとスティーラーズの皮算用
ついにアントニオ・ブラウンがスティーラーズにトレードによる放出を要求したようだ。公式か非公式かは定かではないが、プレーコールに対する意見の相違に端を発した確執はエースワイドレシーバーの退団という最悪の... 続きを読む
2019年02月18日(月) 06:11

コラム

シーズン序盤1勝2敗からのNFL制覇、いかにしてペイトリオッツは修正を施したか
ペイトリオッツが2年ぶり通算6度目のスーパーボウル制覇を達成した。レギュラーシーズン中に1試合平均32.9点を記録したラムズをフィールドゴール1本に抑え込んでの勝利だった。 今季序盤は1勝2敗の... 続きを読む
2019年02月10日(日) 08:48

もっと読む

いけざわ・ひろし

生沢 浩
1965年 北海道生まれ
ジャパンタイムズ運動部部長。上智大学でフットボールのプレイ経験がある。『アメリカンフットボールマガジン』、『タッチダウンPro』などに寄稿。NHK衛星放送および日本テレビ系CSチャンネルG+のNFL解説者。著書に『よくわかるアメリカンフットボール』(実業之日本社刊)、訳書に『NFLに学べ フットボール強化書』(ベースボールマガジン社刊)がある。日本人初のPro Football Writers Association of America会員。