コラム

著者別
月別

コラム

国歌斉唱に新ルール適用、事実上の抗議活動封鎖
現在アトランタで行われている春恒例のNFLミーティングで、懸案材料の一つだった“国歌斉唱問題”に新たなルールが設けられることになった。しかし、これは選手による抗議活動の事実上の禁止に近い内容であり、こ... 続きを読む
2018年05月24日(木) 08:57

コラム

WRデズ・ブライアントが新天地探しに苦戦する理由
カウボーイズのエースワイドレシーバー(WR)でチーム記録となる73タッチダウンパスキャッチを誇るデズ・ブライアントが解雇されて2週間が経とうとする。ドラフト前日のカットも衝撃的だったが、これだけのビッ... 続きを読む
2018年05月13日(日) 06:12

コラム

QB百花繚乱のドラフト終了、“ポスト2004クラス”は見つかったのか?
2018年のNFLドラフトが幕を閉じた。クオーターバック(QB)に人材が多いとの前評判通り、1巡目だけで5人ものQBが指名を受けた。これはドノバン・マクナブやダンテ・カルペッパーらが指名された1999... 続きを読む
2018年05月05日(土) 23:34

コラム

ドラフト有力候補紹介:その4 - CBデンゼル・ウォード(オハイオ州立大学)
今年のドラフト候補生の中で、セカンダリーで最も高い評価を受けているのがオハイオ州立大学のコーナーバック(CB)デンゼル・ウォードだ。モックドラフトによってはトップ10以内での指名を予想している。その反... 続きを読む
2018年04月27日(金) 05:34

コラム

ドラフト有力候補紹介:その3 - DEブラッドリー・チャブ(ノースカロライナ州立大学)
昨今のドラフトでクオーターバック(QB)に次いで需要が高いのがパスラッシャーだと言われる。パス重視のNFLの特徴がよく表れた傾向だ。パスラッシュを担当するのは3-4ディフェンスならアウトサイドラインバ... 続きを読む
2018年04月21日(土) 10:41

コラム

ドラフト有力候補紹介:その2 - RBセイクワン・バークリー(ペンシルベニア州立大学)
あくまで筆者個人の感想だが、ハイライト映像を見てここまで引き込まれた選手は実に久しぶりだ。ハイライトなのだから数々のプレーの中から成功したものばかりを集めているのは当然だが、カットバックといい突進力と... 続きを読む
2018年04月15日(日) 18:14

コラム

年次総会から見えた数々の課題
フロリダ州オーランドでルール改正などが話し合われたNFLの年次総会が最終日を迎えた現地3月28日(水)、ロジャー・グッデルコミッショナーが行った記者会見でコミッショナーやNFLが現在数多くの課題に直面... 続きを読む
2018年04月09日(月) 07:55

コラム

ドラフト有力候補紹介:その1 - QBサム・ダーノルド(USC)
いよいよNFLのドラフトが近づいてきた。今年はテキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで現地時間4月26日(木)から28日(土)の日程で行われる。 今年のドラフトはクオーターバック(QB)にタ... 続きを読む
2018年04月08日(日) 06:55

コラム

余裕か無策か、選手の流出続くペイトリオッツ
クオーターバック(QB)を中心に激しく動いている今年のフリーエージェント(FA)市場だが、活発な補強を続けるラムズやブラウンズとは対照的にAFC王者ペイトリオッツの動きが鈍い。いや、むしろ選手の流出を... 続きを読む
2018年04月02日(月) 00:05

コラム

リーグ乱立時代? 続々誕生する新興プロリーグ
まさに寝耳に水だ。来年にも新たなプロフットボールリーグが誕生するとのニュースが飛び込んできた。その名も“アライアンス・オブ・アメリカンフットボール(AAF)”で、来年のスーパーボウル直後にもリーグ戦を... 続きを読む
2018年03月24日(土) 11:26

もっと読む

いけざわ・ひろし

生沢 浩
1965年 北海道生まれ
ジャパンタイムズ運動部部長。上智大学でフットボールのプレイ経験がある。『アメリカンフットボールマガジン』、『タッチダウンPro』などに寄稿。NHK衛星放送および日本テレビ系CSチャンネルG+のNFL解説者。著書に『よくわかるアメリカンフットボール』(実業之日本社刊)、訳書に『NFLに学べ フットボール強化書』(ベースボールマガジン社刊)がある。日本人初のPro Football Writers Association of America会員。