コラム

著者別
月別

コラム

スターQBキャム・ニュートンの受け入れ先は?
2011年ドラフト全体1位指名選手であり、2015年にNFLのMVPに輝いたクオーターバック(QB)キャム・ニュートンがパンサーズから解雇され、正式にフリーエージェント(FA)となった。 今... 続きを読む
2020年03月30日(月) 01:30

コラム

バッカニアーズfeat.トム・ブレイディ、その相乗効果は?
トム・ブレイディの新天地はバッカニアーズに決まった。過去20年間にわたってプレーし、NFL最多タイとなる6度のスーパーボウル優勝を果たしたペイトリオッツを去り、新チームで42歳の挑戦が始まる。... 続きを読む
2020年03月22日(日) 05:35

コラム

FA市場で人気のパスラッシャー、チームに利をもたらすのは?
NFLスカウティングコンバインが終了し、今オフのフリーエージェント(FA)市場解禁(3月18日アメリカ東部時間16時、日本時間19日6時)が近づいてきた。 トム・ブレイディ(ペイトリオッツ)やダ... 続きを読む
2020年03月09日(月) 05:53

コラム

選手側の反発必至、新CBA案は選手の負担増へ
現在のNFLと選手側の労使協約(CBA)が来年の3月で失効するのを前に、新たなCBAがリーグ側から提示され、選手会(NFLPA)が協議に入った。NFLPAは当初、新CBA案に反発を見せ、態度を保留した... 続きを読む
2020年03月02日(月) 11:00

コラム

NFL版わらしべ長者? マホームズ獲得のためにトレードされた1巡指名権の行方
チーフスに50年ぶりのスーパーボウル優勝をもたらし、自らも試合のMVPに輝いたクオーターバック(QB)パトリック・マホームズがドラフト1巡指名を受けたのは2017年、チーフスではまだアレックス・スミス... 続きを読む
2020年02月23日(日) 11:44

コラム

QB天国から一転、予断を許さないセインツ
セインツがプレーオフ初戦で敗退してから早くも1カ月が過ぎた。エースクオーターバック(QB)ドリュー・ブリーズはプロボウルに出場したが、今後の去就については「考える時間が欲しい」と言ったまま現在に至って... 続きを読む
2020年02月16日(日) 07:14

コラム

49ersのスキームをしのいだパトリック・マホームズの運動能力
屈指の好カードとなった第54回スーパーボウルは第4クオーターに鮮やかな逆転劇を演じたチーフスが勝利した。実に50年ぶりのスーパーボウル優勝である。 50年と一言でいうが、ファンにとっては気の遠く... 続きを読む
2020年02月10日(月) 07:17

コラム

屈指の好カード! 第54回スーパーボウル展望
50年ぶり2度目のリーグ王座か、25年ぶり6度目の戴冠か。チーフスと49ersの対決がいよいよ迫ってきた。半世紀にわたる雌伏の時を超えて大舞台を迎えるチーフスと、黄金時代の復活を予感させる新生49er... 続きを読む
2020年02月01日(土) 13:28

コラム

『絶滅危惧種』のFBを再認識させるカイル・ユーズチェックの存在感
日本時間2月3日(月)にフロリダ州マイアミで開催される第54回スーパーボウルの対戦カードは50年ぶり3回目の出場となるチーフスと7年ぶり7回目となる49ersに決まった。スーパーボウルでの対決は初めて... 続きを読む
2020年01月25日(土) 08:42

コラム

リベンジか返り討ちか、カンファレンス決勝はいずれも再対決に
ディビジョナルラウンドではAFC第1シードのレイブンズが5つも勝ち星の少ないタイタンズに敗れて姿を消したものの、それ以外はシード上位チームが勝ち上がった。 優勝候補最有力のレイブンズが敗退したの... 続きを読む
2020年01月16日(木) 07:06

もっと読む

いけざわ・ひろし

生沢 浩
1965年 北海道生まれ
ジャパンタイムズ運動部部長。上智大学でフットボールのプレイ経験がある。『アメリカンフットボールマガジン』、『タッチダウンPro』などに寄稿。NHK衛星放送および日本テレビ系CSチャンネルG+のNFL解説者。著書に『よくわかるアメリカンフットボール』(実業之日本社刊)、訳書に『NFLに学べ フットボール強化書』(ベースボールマガジン社刊)がある。日本人初のPro Football Writers Association of America会員。