コラム

著者別
月別

コラム

32通りの目標と課題、HCが抱えるそれぞれの問題
プレシーズンが本格的に始まり、2017年レギュラーシーズンに向けた実戦準備が加速化している。今季は新たに6人の新ヘッドコーチ(HC)が誕生した。ショーン・マクダーモット(ビルズ)、カイル・シャナハン(... 続きを読む
2017年08月20日(日) 07:23

コラム

ジョン・アーシェルの引退にみる脳障害への不安
レイブンズがキャンプインして間もない7月27日、センター(C)の新先発有力候補だったジョン・アーシェルが何の前触れもなく引退を宣言した。まだ26歳でNFL4年目のシーズンを迎えようとしていたところだ。... 続きを読む
2017年08月12日(土) 11:10

コラム

スティーラーズRBリビオン・ベルのホールドアウトは新時代の予兆か
スティーラーズのランニングバック(RB)リビオン・ベルのホールドアウトが続いている。今季フリーエージェント(FA)となったベルは春にチームからフランチャイズ指名を受けた。この瞬間にベルはスティーラーズ... 続きを読む
2017年08月06日(日) 09:36

コラム

ブレイクスルーは本物か? QBプレスコットとカーが挑む“2年目”のジンクス
“ワンイヤーワンダー(one-year wonder)”という言葉がある。わずか1年活躍しただけで消えてしまう選手のことだ。一発屋と言ってもいい。短期間の活躍は“まぐれ”と片付けられ、期待を一身に背負... 続きを読む
2017年07月29日(土) 08:15

コラム

契約交渉破談、レッドスキンズとカズンズの間に横たわる溝
レッドスキンズがクオーターバック(QB)カーク・カズンズとの長期契約交渉を断念した。フランチャイズ指名をしていたカズンズとの長期契約交渉の期限はアメリカ東部時間7月17日(月)午後4時。この時間までに... 続きを読む
2017年07月23日(日) 06:44

コラム

謹慎処分から5年、グレッグ・ウィリアムズの新たな挑戦
間もなくNFLはキャンプインを迎え、2017年シーズンへの準備が本格化する。ただひとつのチームだけが手にすることのできるスーパーボウル優勝を目指し、キャンプに熱い思いをかけるのは選手だけでなく、コーチ... 続きを読む
2017年07月15日(土) 10:01

コラム

長期契約締結で将来のレイダースを支える2014年ドラフト組
昨年、12勝4敗で14年ぶりのプレーオフ出場を果たしたレイダース。数年に及ぶドラフト戦略とその不足を補う的確なフリーエージェント(FA)、トレード補強が実を結んだ結果だ。 この2週間の間にレイダ... 続きを読む
2017年07月09日(日) 10:07

コラム

終止符はいつ? 迷走するジャガーズの1巡指名
ドラフト1巡指名が重要であるのは今さら言うまでもないことだが、上位指名権を毎年のように獲得していながらそれが戦力アップにつながらないチームがあるのも事実だ。そのひとつがジャガーズである。 ジャガ... 続きを読む
2017年07月01日(土) 13:59

コラム

前評判急上昇のタイタンズ、それを支えるGMの再建計画
ミニキャンプが終わり、NFLは各チームでトレーニングキャンプまでの束の間のオフに入る。この時期はフリーエージェント(FA)などの動きも比較的静かで、ヘッドコーチ(HC)をはじめ、球団幹部も休暇を楽しむ... 続きを読む
2017年06月25日(日) 04:59

コラム

ブロンコスQB争いの中、再評価されるマッコイの手腕
スーパーボウル制覇から2年連続してブロンコスではオフシーズンに先発クオーターバック(QB)争いが繰り広げられている。開幕先発の座を争うのは去年と同じくトレバー・シーミアンとパックストン・リンチだ。... 続きを読む
2017年06月17日(土) 10:32

もっと読む

いけざわ・ひろし

生沢 浩
1965年 北海道生まれ
ジャパンタイムズ運動部部長。上智大学でフットボールのプレイ経験がある。『アメリカンフットボールマガジン』、『タッチダウンPro』などに寄稿。NHK衛星放送および日本テレビ系CSチャンネルG+のNFL解説者。著書に『よくわかるアメリカンフットボール』(実業之日本社刊)、訳書に『NFLに学べ フットボール強化書』(ベースボールマガジン社刊)がある。日本人初のPro Football Writers Association of America会員。